本文へスキップ

塩田八幡宮は神戸市北区に鎮座し 三田市に隣接しております

TEL. 078-985-2863

〒651-1502 兵庫県神戸市北区道場町塩田3238番地

御由緒・境内案内・御祭神・年中行事


  御由緒に関して

      御社殿に関して

  境内の様子に関して

      御神木に関して

  月見橋跡に関して

      御祭神 御神紋に関して

  年間の祭典に関して

御由緒

当宮 創始不詳ではあるが 大同年間(810頃)には「大歳神社」と称し  御歳神を奉祀すると古記録に見える
その後 山城国石清水八幡宮より 応神天皇・神功皇后・玉依姫命の御神霊を勧請合祀され 石清水八幡宮別宮 塩田八幡神社と称せられた
攝津国塩田庄なるこの地は 74代鳥羽天皇(1103〜56)の院政期 后妃の庄園ともなったが 保元3年(1158)には石清水八幡宮并に宿院極楽寺 領庄園となり 神宮寺としての体裁を成した
延元元年(1336)には摂津国守護職赤松範資より社領寄進を得たが 応仁の乱(1467〜77)により社殿その他の建造物を焼失
明応8年(1499)に社殿を再興し 享禄元年(1528)には再度石清水八幡宮より御宝体を拝受 奉斎し得た
守護職赤松氏の尊崇は歴代篤く 戦陣に於いては常に当宮を祈願所とし 寺社領のみに留まらず 梵鐘等の寄進も得 更には徳川幕府下 明暦3年(1657)社殿再建時には三田藩主九鬼隆昌より浄財寄進があり 九鬼家当主代々よりの奉納 寄進が続いたものである
維新回転の業は当宮にも変革をもたらし 従前の神仏習合を改める目的の神仏分離令(1868)により神宮寺が廃され 明治5年(1872)には村社に列し 大正4年(1915)10月 神饌幣帛料供進神社の指定を受けた
大正11年(1922)11月郷社に昇格 昭和38年(1963)社名を「塩田八幡宮」と改称して現在に至る





御社殿

現在の御本殿は 明暦3年(1657)桧皮葺御所棟三間社流造として再建されたものであり 三田藩主九鬼隆昌による浄財寄進もあり 棟札も現存するが 昭和58年(1983)御本殿・拝殿の大修築に伴い 銅板葺屋根と改める
昭和31年(1956)再建三百年を記念し 拝殿・祝詞殿・神楽殿を新改築
昭和43年(1968)には 明治維新百年記念として石造注連柱・国旗掲揚塔を建設
昭和49年(1974)神札授与所並びに神楽殿新築
昭和61年(1986)参道石段改修
平成5年(1993)拝殿前石垣改修
平成15年(2003)御神酒所増築・参集所再建等 幾多の増改築が見られる
更に御本殿は平成5年(1993)「神戸建築百選93」に また平成9年(1997)には 御本殿及び御本殿棟札が神戸市指定文化財に選ばれる






境内の様子

当宮御本殿は 北は三田 南は道場町塩田の町並みを眺望出来得る山の南面中腹に御鎮座する
それを取り囲む山林区画を御神域とし 山裾の社務所より約150段の石段が神社御本殿へとつづく
また御本殿周辺及び石段脇には11の御末社が鎮座する
現今 三田市街周辺並びに神戸市北区域の住宅都市化が急速に進み その影響か 樹木等自然物減少の傾向にはあるが 御神域となる山林は未だその影響を受けることなく 四季折々 多くの生命の息吹を楽しむことが出来る





御神木

御神木は拝殿向かって右に位置する
幹の根元が重なり合い 右が桧(ヒノキ)で 左が山桃
享禄元年(室町時代後期の西暦1528年)京都山城国男山より 八幡三神を勧請し 石清水八幡宮の別宮となり塩田八幡宮と改めた頃より生息し 樹齢480年以上経ている





月見橋跡

鎌倉時代の私撰和歌集である『夫木和歌抄』に 下記の歌が収められている
「岩高 塩田 船浮而 指上里太留 月哉」
この歌は 鎌倉幕府第六代将軍である中務卿・宗尊親王の詠んだものである
現在 当宮御旅所の南方に 有馬川の本流である塩田川の水流があり そこに「月見橋」が架かる
往昔 多くの歌人がその情景を詠み 先述の歌もその一つとされる
『攝津誌』によれば その年月を詳らかにする記載は無いものの 宗尊親王が当宮に詣で この歌を詠まれたことが明らかとさる
また平安時代の歌人 太宰権師中納言民部卿・在原行平(在原業平の兄 以下行平卿)もその一人とされる
『摂津名所図會』には
「月見橋ハ塩田村ニアリ 伝へ言フ昔 在原行平卿須磨ノ浦ニ謫遷シ給フ 帰洛ノ後 松風(観阿弥原作・世阿弥改作の謡曲「松風」、歌舞伎の題材)・村雨ノ二女ノ住所 田井畑ヨリ此所(八幡神社)ニ来テ 都恋シク月ヲ眺メシ所ナリトゾ 今モ中秋ノ月ヲ賞スルニ佳所ナリ」
とあり 『摂陽群談』にも同意の記載がある
また行平卿 播磨の国守であった仁和寛平(885年)の頃 武庫郡にある父君阿保親王の御墓に詣で 同時に幾度と当宮に参詣したとされる
塩田川は 元は当宮の山裾を流れており 現在そこには記念碑が建立されている






御祭神・御神紋

御祭神

 応神天皇(おうじんてんのう)
 神功皇后(じんぐうこうごう)
 玉依姫命(たまよりひめのみこと)
 御歳神(みとしのかみ)

御神紋

尾長左三巴







年間の祭典

正月初詣
1月1日より
歳旦祭
1月1日
元始祭
1月3日
厄除大祭
1月18・19日
紀元祭
2月11日
祈年祭
2月20日
昭和際
4月29日
水無月の大祓式
6月30日
夏祭万灯祭
平成29年7月15・16日
例祭・秋祭
平成29年10月9日
明治祭
11月3日
七五三詣
11月中
新嘗祭
12月5日
天長祭
12月23日
師走の大祓式
12月30日
月次祭
毎月1・15日

バナースペース

塩田八幡宮

〒651-1502
兵庫県神戸市北区道場町塩田3238番地

TEL 078-985-2863
FAX 078-985-8971